アフィリエイト広告を掲載しています

オナホールの寿命と壊れる原因!オナホは壊れたり裂けて使えなくなる

 

オナホールの寿命と壊れる原因!オナホは壊れたり裂けて使えなくなる消耗品。皆さんはオナホの寿命について考えたことはありますか?一度でも使った事がある人なら、壊れて使えなくなるオナホの寿命について理解していると思いますが、よく分からない初心者の人は参考にしてください。

オナホールの寿命


オナホールは消耗品。使っていると劣化して寿命を迎えます。何回も繰り返し使えるオナホールの寿命は3カ月〜6か月ぐらいが一般的。ちゃんとしたメンテナンスをしていると長持ちしますが、それでもやがて使えなくなり寿命を迎えます。

 

下記では、オナホールが使えなくなる原因を紹介するので、買い替えの目安にしてください。

 

オナホールが壊れる原因
 
  1. オナホールの挿入口が裂ける
  2. オナホールの加水分解
  3. ニオイが発生
  4. 菌・カビの繁殖
 

 

上記がオナホが寿命を迎えるシグナル。下記で詳しく紹介して行きます。

 

壊れる原因@|オナホールの挿入口が裂ける


オナホールが使えなくなる原因で一番多いのが「入り口が裂ける」こと。オナホールの原材料は樹脂なので徐々に劣化します。

 

そして負荷の掛かる部分から亀裂が入り裂けてしまいます。オナホールの劣化については下記で紹介します。

オナホールの硬化

オナホールは長期間使用していると、内部の油分が抜けて硬くなります。これは「硬化」と呼ばれ絶対に避けられない劣化。硬くなったオナホールは柔軟性がなくなり、裂ける原因になります。

 

オナホールは使っていると小さくなる

長期間使っているオナホールは、使用と洗浄を繰り返しますが、徐々に内部の油分が抜けて小さくなっていきます。新品と3〜4カ月程度使ったオナホを見比べると一回り小さくなってることが理解できます。

 

小さくなると裂けやすくなる

基本的にオナホールが小さくなると硬化が始めっているシグナル。硬化が始まったオナホはいつ裂けてもおかしくないので、買い替えを考える時期と言えるでしょう。

 

壊れる原因A|オナホールの加水分解

 

皆さん「加水分解(かすいぶんかい)」という言葉をご存じですか?加水分解は樹脂製品で起こるトラブル。オナホール内部の油分が抜けて起こる「硬化」と同じですが、数回使って長期放置すると起こりやすい現象です。

 

使わずに「しまう」と加水分解しやすい

例えば、長く使ってなかった「輪ゴム」がプチプチ切れたり、久しぶり履いた「スニーカー」のソールがボロボロになったり、カシオの腕時計「G-Shock」が壊れるのは全て加水分解が原因。

 

オナホールも同じように加水分解が起こるので注意が必要になります。

 

加水分解は「長期」で使わなくなると起こりやすい現象。一度使い始めたオナホールは、定期的に使う事で加水分解を防げます。

 

基本的にオナホールは消耗品。使っている内にボロボロになるのは仕方ないですが、数回しか使っていないオナホールを期保管すると加水分解しやすいので注意しましょう。

 

壊れる原因B|ニオイが発生


オナホール使えなくなる原因の1つがニオイ。これはオナホールが物理的に壊れてる訳ではありませんが、あまりに臭くなったら捨てる事を考えましょう。

 

元々オナホールは、樹脂っぽいニオイがしますが、別のニオイが強くなってきたら、それが寿命と考えましょう。

 

壊れる原因C|菌・カビの繁殖

 

上記のニオイの原因となるのが、ホール内部に菌が繁殖する事が挙げられます。

 

つまり「ニオイが出る=菌が繁殖している」という事になりますので、名残惜しいかもしれませんが、思い切って捨ててください。

記事まとめ

記事内容はいかがでしたでしょうか?

 

下記では、当サイトの管理人が約15年利用して「トラブルゼロ」のアダルトグッズ専門通販サイトを紹介しています。

 

アダルトグッズには興味あるけど「誰かにバレたりしたら困る」という不安は誰でも感じること。アダルトグッズを安心・安全に購入できる通販が知りたい人はアクセスしてください。

 

オナホールの寿命と壊れる原因!オナホは壊れたり裂けて使えなくなる